Maltalia

マルタ、イタリアを中心としながら 趣味の写真や旅、2歳の娘、地元柏市について投稿していきます。週1〜2本目標に投稿します。

せっかくマルタに行くなら猫バスを探してみよう!

f:id:naokilondon:20190305221147j:plain

こんにちは、マルタとイタリア、

写真が大好きなナオです。

 

みなさんは、マルタに行ったことありますか?

 

最近テレビでも登場回数が増えて認知し始めていますよね。

 

例えばアナザースカイ、にじいろジーン、さまーずの番組など。

 

マルタは、綺麗な海、中東と欧州の文化、はちみつ、2018年は欧州文化都市にもなりました。

 

私は、2011年に語学留学と2014年は卒業旅行、2016年は新婚旅行に

行った経験やマルタ留学のNGOにも最近参加させて頂いてます。

 

今回は、あまりテレビではフォーカスされていない、バスについて話したいと思います。きっと行ってみたくなると思いますよ。

 マルタの現状のバス

f:id:naokilondon:20190305221123j:plain

マルタは東京23区の半分もない大きさのため鉄道が走っていません。車社会です。

 

主な旅行者の交通手段はバス、タクシー、レンタカーです。

 

でも昔も今も本島とゴゾ島を繋ぐ鉄道の構想はあるみたいです。

 

しかし、『節約したい』、『勝手がわからない』、『英語が通じない』

大体の方はバスを選ぶのではないでしょうか。

 

私もそうでした。

 

マルタはここ数年でバスのシステムが新しくなってきました。

現在はMalta Public Transportという会社が経営してます。

 

料金

・冬季 €1.5

・夏季 €2.0

・ナイトバス €3.0     (2時間以内であれば何度でも乗車可能)

 

その他旅行者向けチケット

・7日間チケット  大人€21 子供€15 (7日間無制限で本島、ゴゾ島を利用可能)

・回数券 €15 (12日分の回数券です。ご家族でのシェアも出来ますよ。)

 

私が留学した頃は€1未満でしたので高騰しましたね。

 

ナイトバスがあれば、クラブに出かけて、踊ってヘトヘトになった時に動いてればなんて楽だったんだろーと羨ましい気分です。

乗車手順

乗車手順を簡単に整理してみました。

以下の順を踏むと問題なく乗れるはず。

日本でも知らない土地でバスに乗るのって電車と比べても難しいですよね。 私もよく迷います。

 

・バスが見えたら行き先表示を確認(数字と目的地が表示されてます)

・乗りたいバスなら手を前に出す(出さないと通過されてしまいます)

・前ドアから乗車

・チケット購入又は既に持っている場合は運転手に見せます

・車内の行き先表示にマルタ語と英語で目的地が表示

・降車するバス停が表示されたら車内のブザーを押す

・中央のドアから降車

 

 ルート

f:id:naokilondon:20190305221156j:plain

https://www.publictransport.com.mt/en/route-map

上記URLからルートマップを

ダウンロードできます。

 

マルタは小さな国ですが、

125ものバスルートがあります。

 

でも大丈夫! 

 

これらルートには頭文字にポイントがあります。

ぜひご旅行の前にメモしておきましょう!

 

X:空港行き 

N:ナイトバス 

数字のみ:マルタ本島 

TD:タリンヤ行き 

300番台:ゴゾ島 

 

でも、『それでもバスのルートは多いし』、『何分くらいかかるかな?』、

『あと何分で来るかな?』など、すぐ判断できないですよね。

 

そんな時はバス会社から出ているTallinjaというアプリが便利です。

f:id:naokilondon:20190210235541p:plain

出発地と目的地の検索設定は

・地名

・ストリート名

・興味のある場所

・バス停名

・現在地 の5つから選択できます。

重宝するアプリなので出発前からダウンロードおすすすめします。

 

昔は猫バスのようなバスがあった

ここまでバスの乗り方について話して来ましたが、実は2011年11月まで『となりのトトロ』に出てくる猫バスのモデルになったとも言われているバスが走っていたことご存知ですか?

バスの顔も個性たっぷり

f:id:naokilondon:20190305221206j:plain

f:id:naokilondon:20190305221200j:plain

 
 
 
View this post on Instagram

#bus #oldmalteaebus #orange #maltabus #vallettabusterminus #publictransport #leyland #valletta #maltatransport

Christopher Biancoさん(@chrismalta16)がシェアした投稿 -

 
 
 
View this post on Instagram

Photo 1 Following on from the huge success of Kappa Vision’s photos of David Borg’s vintage Valletta-Rabat Maltese Bus, today we take a look at inside the bus. Highly customized and kept in pristine condition by its owner - who I once again thank for letting me on board to do this photo shoot - these photos bring back sweet memories to me and all nostalgics. Compared to today’s shameful bus transport system, is this a case of ‘We were better off when we were ‘worse’?” #maltesebus #maltabus #vintagebus #bus #xarabank #oldbus #niches #truck #vintagetruck #nichesofmalta #lovinmalta #ilovemalta #malta #streetniches #wonderfulmalta #maltaphotography #maltaismore #lovinmalta #travelmalta #malteseislands #maltagram #maltalovers #amazingmalta #igmalta #travelgram #street #streetphotography

Jean-Paul Borgさん(@kappavisiongram)がシェアした投稿 -

 当時はバス路線は決まっていましたが、1台1台が個人経営だったそうです。

 

なので外観も内装も運転手それぞれがカスタマイズしているため世界に1台しかない個性的なバスがたくさん走っていました。

どうして廃止に?

マルタといえば『黄色いバス』でしたが廃止理由は主にこの4つです。

安全性

日本では考えられないかもしれませんが、ドアがないんです。

 

驚きですよね!!

 

私は、こんなバスがこの時代にもあるんだと最初は衝撃的でした。

 

当然混雑する路線はドア側だと怖そうだし、中には、ドアから走行中に乗り降りするツワモノもいました。

 

不便

マルタは雨は少ないですが、東京とほとんど年間気温は変わらないです。

ただ乾燥と日差しが強く気温以上に暑さを感じるかもしれません。

夏はサングラス必須です!!

 

そんなマルタなのに車内にはエアコンがありませんでした。

私は幸い冬に留学していたため、この暑さは経験していません。

 

その他だと、降車ボタンがなく、ロープを引くと音がなります。

ただ音が小さい。時には『次降ります!』って言ったこともあります。

 

老朽化

当時宿泊していた学校の寮に向けて歩いていると、1台のバスを見かけました。問題はこの後です。

 

バスが坂を登っている途中で動かなくなっていました。

 

すると乗客がバスから降りて人力でバスを押してるんです。

 

その光景を見た瞬間は『えーーー』って感じでした。

 

でもマルタの国民性なのか、みんな協力していて良い国だなと感じましたね。

 

環境問題

最後に 排気ガスです。

30年、40年も走っているバスもあると言われてます。

 

部品は、さすがに取り替えると思うけど、日本人に負けないくらい

長持ちさせますよね!

 

EUの排ガス規定に違反していることから惜しまれつつ引退することになりました。

 

今でも見れる?

私自身ももう一度黄色いバスを見たいです。

 

見れる方法があるか調べて見ました。 

路面販売

観光客向けの路面販売店として運用することも。見れたらラッキーですよね。

 
 
 
View this post on Instagram

🇲🇹The original way to get around Malta! 🚌 #maltabus #valleta #valletamalta #originalbus #nostalgia

Adam Sparkesさん(@afsparkes63)がシェアした投稿 -

 

 イベント

排ガス規定で公道を走れないですが、イベントやパーティ、ウェディングなどで

活用されているそうです。

www.thevintagebuscompany.co.uk

 

allmaltaonline.com

 

オーナーに見せてもらう

これはハードルが高いですが、個人経営だったためまだ車体を保管している人もいるのではないでしょうか。

 

一度旅番組の中で、オーナーに見せてもらうシーンを見たことあります。

 

旅行の記念にいかがですか? 

たまたま見れたら凄くラッキーですが、

短い滞在期間では難しいかもしれませんよね。

 

私がマルタで購入したバスグッズです。

お土産、記念の参考にしてみてください。

ポストカード 

f:id:naokilondon:20190305221137j:plain

黄色いバス以外にも色んな色のバスが走ってたんですね。

ちなみにグレーはゴゾ島で走ってました。

キーホルダー

f:id:naokilondon:20190305221133j:plain

マグネット

f:id:naokilondon:20190305221130j:plain

f:id:naokilondon:20190305221125j:plain

切手

f:id:naokilondon:20190305221140j:plain

これはイムディーナのお土産屋で買いました。

 

切手コーナーに風景とかはたくさんありましたが、これは残り1点で

すぐ手に取りました!!
 

 最後に

マルタのバスについて少し知っていただけたでしょうか?

 

今はシステム化された近代的なバスが走ってますが、『当時は黄色い猫バスみたいなバスが活躍していたんだなーー』

と思いながらマルタを是非歩いてみると楽しいですよ。

 

当然偶然見つけられたら最高ですけどね。