Maltalia

マルタ、イタリアを中心としながら 趣味の写真や旅、2歳の娘、地元柏市について投稿していきます。週1〜2本目標に投稿します。

シンガポールの離島でサイクリングを楽しもう

f:id:naokilondon:20190219223442j:plain

おはようございます。

今日も5:30起きで眠気が冷めないナオです。

 

数年前になるのですが

大学時代の友人が現地で就職したとのことでシンガポールを訪問しました。

 

そこで連れて行ってもらったのが

ウビン島

 

高層ビルが並ぶ本島とは違い、

熱帯雨林で、手つかずで、野生の動物に遭遇することも。

 

最近もう一度行ってみたいなと思い

纏めてみました。

 

Goproがあったら

楽しい映像撮れたかもなー。

 

 

 

ウビン島って?

アクセス

皆さんはウビン島知ってますか?

私は全く知らなかったです。

 

シンガポールは高層ビルだらけの

東南アジアの大都会との

イメージしかなかったです。

 

ウビン島までは、

チャンギヴィレッジにある

チャンギポイントフェリーターミナルから発着する小さな船に乗ること10分ほどで到着します。

 

チャンギヴィレッジまでは電車とバスを乗り継いで行きました。

バスは30分ほどかかったような... 

連れて行ってもらったので、

うる覚えです。

 

こんな船です。

料金は片道1人 2.5ドルでした。

安いですね。 

f:id:naokilondon:20190219223438j:plainf:id:naokilondon:20190219223320j:image

自転車を持ち込む方も大勢いました。

 

この船に乗るには、まず空港のような

セキュリティチェックを通過しないといけません。

 

私がターミナルで写真を撮ってたら

『撮影禁止! 撮った写真消しなさい』ってスタッフが駆け寄ってきて本気で怒られた苦い思い出があります。 

 

まさかここでセキュリティあると思わなかったですね。

 

サイクリング

f:id:naokilondon:20190219223511j:plain

f:id:naokilondon:20190219223144j:image

まずウビン島に着いたら自転車を借りに行きましょう。

 

むしろサイクリングをしていない人の方が少なかった印象。

 

船を降りる人の大半が自転車を借りに行くので迷わずお店まで行けますよう。

 

料金は夕方までで15ドルでした。 

 

f:id:naokilondon:20190219223130j:image

自転車置き場の近くには

ココナッツがたくさん。

 

これはウビン島で取れたものなのかな??

 

それとも本島からかな?

 

あの甘いココナッツミルクの味を基準にしていたので初めてストローをココナッツに挿して飲んだ時は『えっ?』って感じでした。 

 

f:id:naokilondon:20190219223520j:plain

 

海外で自転車に乗ったのは初めてで、

そもそもサイクリングってやったことなかったです。

 

高校時代に通学で毎日自転車を漕いだことくらいで。

 

訪れたのは5月で少し気温は高めでした。

 

ただ漕ぐと自然の涼しい風が入ってきて気持ちかったです。

 

そしてこの緑の道。癒されます。

 

f:id:naokilondon:20190219223518j:plain

f:id:naokilondon:20190219223523j:plain

f:id:naokilondon:20190219223516j:plain

 

ウビン島の中にも自転車を

降りないといけない箇所もあります。

 

高台に登り空港に離着陸する

飛行機を見たり

 

橋を歩いて海を見たり

 

歩道を歩いてゆっくり森林を眺めたり

 

食事をしたり 

 

少し漕ぎ疲れたら

気分転換もいいですよ。

 

f:id:naokilondon:20190219223138j:plain

 

そして何より私が驚いた、

もう一度ウビン島に行きたい理由がこれです。

 

野生の動物に会える。

 

自転車を置いて歩いてたら、

イノシシの親子が警戒することなく歩いてました。

 

下調べゼロで行ったので驚きでした。

 

決まった場所で動物に会えるより

歩いてたり、自転車を漕いでる瞬間に

偶然見れた時の方が嬉しさは段違いで違うと思います。

 

旅の記憶にも残りますしね。

f:id:naokilondon:20190219223448j:plain

 

そんなウビン島。

今度は娘が自転車を漕げる年齢になったら再訪して見ようと思います。

 

皆さんも是非楽しいサイクリングと

動物との出会いを楽しんでみて下さい。