Maltalia

マルタ、イタリアを中心としながら 趣味の写真や旅、2歳の娘、地元柏市について投稿していきます。週1〜2本目標に投稿します。

【マルタ留学】出発編②

follow us in feedly

こんばんは。

 

先週、イトーヨーカドーのアプリの懸賞でGoogle home miniがまさかの当選でテンション上がってるナオです。

 

前回は【マルタ留学】出発編①で

パッキングからフランクフルトまでをお話ししてきました。

 

今回は出発編②ということで

学校のアパート着までお話ししていきます。

エアマルタ搭乗

相変わらずフランクフルト空港での待ち時間が長く、ターミナル中を歩き回ったり、ベンチで仮眠をとったり。

 

何故かスタバ以外何も買いも食べもしなかったです。

 

出発1時間前に搭乗口に向かい、ベンチで座って待っていると、周りを見渡しても、日本人1人もいないし、アジア人ぽい人すらいない。

 

なんか完全アウェーだななんて思ってドキドキしてました。

 

そして搭乗開始しました。

これでようやくマルタへ行けます。

 

まずはターミナルから階段を降り、

停車しているバスに乗り込みます。

 

そして、飛行機ドア前後にかかっている

階段で乗り込みます。

 

フランクフルトから約2時間弱。

座席は日本の国内線のような通路を挟んで2人掛けで横は4人座れる機体。前方の数席はファーストクラスのよう。

 

結構小さな機体です。

 

離陸後まもなくすると、機内食が配られました。

 

まずマルタの1食目??

どんなご飯だろーーってワクワク!!

エアマルタ機内食

 今回は、

トマトベースのショートパスタと、その上に4枚のチーズ。それとパンとパイのようなお菓子が出てきました。

 

肝心の味は、美味しかったです。

機内で熱々のパスタ食べれるなんて。

 

この機体はモニターがないので

前方に飛行機の現在地が写っているモニターがあります。

 

到着までそれを眺めてました。

するとシチリアあたりから地上の景色が徐々に見えてきました。

 

でも夜だからあまりわからなかったですが。

 

時刻は21:45。

マルタ空港に着陸しました。

到着

 ベルトサイン音が消える前から、

ほとんどの人が立って、頭上から手荷物のスーツケース出してました。

 

そしてまた、前後の階段で機体を降り、

バスに乗り込み、到着ゲートに向かいます。

 

フランクフルト空港で入国審査が終わっているので特に手続きもなく、荷物受け取り場まで向かいます。

 

中々荷物が来なくて、最後の方に出てきました。

送迎

事前に学校にマルタ空港での送迎をお願いしてました。

 

到着口を出ると、

名前が書かれた白い紙を持つたくさんの人がいました。

そこから自分の名前を探していると『Mr Nao?』って声を掛けてくれて無事会うことが出来ました。

 

同じ送迎にはドイツ人とブラジル人、

イタリア人の3人もいてみんなでワンボックスカーにスーツケースを入れて、

真っ暗な明かりも少ない街中を走っていきます。

 

車内はみんな初対面なので、日本のバスや電車同様シーンとした雰囲気。

そりゃそうか。

 

約20〜30分で学校の正門前に到着しました。荷物を受け取り、校内のロビーで受付のようなことしました。

 

パスポート渡して受付して、鍵はデポジット払ったような?明日のクラス分けテストの説明、簡単な施設説明、部屋を案内してもらう流れ。

 

真夜中ですがプールに明かりが灯されている横を歩きながら校内にあるアパートへ向かい私の部屋は2Fの海が見える部屋でした。

衝撃

部屋に案内され、中に入ると、初海外の私にとっては衝撃的でした。

 

部屋の中には8人くらいの男女がいました。スペイン系の人が多かったです。

 

簡単に自己紹介すると男女関係なくハグ、ハグ、ハグの連続。ヒゲの濃い人からのハグ痛かったなー。


『これが海外なのね』ってまず衝撃を受けた瞬間でした。

 

そのままみんなで夜な夜な話し、長い1日は終了しました。

 

次回はマルタでの授業や学校、アパートについてお話します。