Maltalia

マルタ、イタリアを中心としながら 趣味の写真や旅、2歳の娘、地元柏市について投稿していきます。週1〜2本目標に投稿します。

【マルタ留学】初日の流れ編

こんばんは。

 

昨日は地元柏の手賀沼にある道の駅に行ってきました。桜が咲いてるかな?と思い散歩しに行ったんですが、風が強く、

道の駅のレストランでお昼を食べただけのお出かけでした。

 

道の駅では名産であるカブのソフトクリームがあります。

私はカブが苦手なので挑戦しませんが。

 

前回までマルタ留学の出発編を2回お話しました。今回は初日の様子をお話します。

前日夜中に到着して、ルームメイトやスペイン人数人と交流して移動の疲れでスーツケースの整理をすることなく朝まで爆睡してしまいました。

 

おかげで朝食に行く時間を逃してしまいました。時差ボケも酷かったです。

クラス決めテスト

まずはクラスを決めるためのテストがありました。

 

通常午前中は2コマあるのですが、最初の1コマ目でクラス決めをします。

 

この日は10人くらいでしたね。

 

内容はリスニングと4択の選択式。

リスニングは留学前から苦手だったので全然でした。

 

文法に関してはあれだけ浪人して勉強したのである程度合っていたかなと思います。

 

テスト終了後、スタッフが集計して、

クラスが決まりました。

 

私はPre-Intermidiateになりました。

初めての授業

クラスが決まり、指定された教室に向かいました。凄く緊張していた思い出があります。

 

教室は日本の学校のような整ったものはなく、ホワイトボードとテーブル付きの椅子のみ。

 

しかも扉はあるもののほぼ外。

土足で数歩でプールという。冬なので入っている人はほどんどいませんでした。

教室風景

私の先生はイギリス出身でした。

まず最初に先生から自己紹介して下さいとあり、拙い英語で、名前、出身、趣味、年齢を話しました。

 

こういう場、日本でも緊張して苦手なんですよねー。しかも今回は全員海外の人。伝わったかな?って不安でした。

 

初回の授業は助動詞についてでした。

テキストはなく、時々紙が配られる形式。

 

文法自体は問題なく理解出来たのですが、他の生徒が、喋る喋る。

 

これが一番『うん?』って。

同じレベルなのになんでこんなに話せるのかなと。

 

なので毎回『Pardon』を使わないと話が理解出来なく苦戦しました。

 

1日目の授業が終わり、

このクラスで大丈夫なのか不安がさらに増してしまいました。

 

日本でもECCに通ってはいたけれど、

ここまで英語のシャワーを長時間浴びたことは初めてだったので1時間の授業だけど、いろんな意味で疲れました。

昼食

この日の授業は全て終わったので、

昼食を食べに校内にあるビストロに行きました。

ビストロ

メニューの大半はピザ又はパスタ。

その他にも魚、肉料理やアルコール類が頼めます。

 

カウンターで注文して席まで運んできてもらうシステム。

 

初日に食べたのはキノコがたっぷりのペンネ。量が半端なく多かったです。

 

同じ日の夜にはピザを注文。

ピザもパスタも5ユーロほどなのでお財布に優しい設定。それに美味しく大満足です。

 

ここから私は3週間弱、毎晩ピザを食べる生活になるとは。

お部屋紹介

お部屋

昼食後は、時差ボケの影響で眠気が合ったので部屋に戻って一眠りしました。

そのあとは、スーツケースの中身を出して使うものの整理など。

 

私の部屋は真ん中に共有のキッチンがあり、お風呂とトイレがある部屋が1つ、2人部屋の寝室が3つ。

 

キッチンはIHでオーブン、ケトル、パンの縦型トースター、お皿、冷蔵庫など何でも作れるような設備。

 

お風呂は浴槽はなくシャワーのみ。

お湯の強度は問題なく使えましたよ。

ピザ

ウェルカムパーティー

夕食後、21:30からウェルカムパーティーが同じくビストロで行われました。

 

初日の生徒やビストロにいた生徒でお酒を飲んだり軽食を食べながら交流するイベントでした。

 

ルームメイトのトルコ人のオージーと参加しました。彼はパイロットを目指す大学に通っていて、今では世界中を操縦士として飛んでいるそうです。

インビテーション

 こんな感じで初日は過ごしました。

まだ学校の外に行っていないという。

 

翌日からの様子は次回お話しますね。